CLOSE

CLOSE_d0116910_0362786.jpg

7月31日
無事営業を終えることが出来ました。
ありがとうございました。

最終日はルフージュらしい一日でした。
今までで何が一番記憶にあるかっていえば、やっぱり、お客様との思い出。

毎週のようにご来店くださり、店にある雑誌を読んで自分時間を楽しんで下さっていたお客様。
歳の離れた方とのたわいない話でも、
意外な共通点があることを発見できたりしてなかなか楽しいものでした。

夏の暑い日、お店の小さな看板を見て偶然にご来店くださったお客様。
その翌年は計画をたててお店へ来て下さったのには感激しました。

あるお客様に本をお貸ししたら、
お土産にと菜の花の和ろうそくを買ってきてくださいました^^
使うのがもったいなくて、今でも大事にとってます。

接客業という、難しい職業。
いつでもにこやかにテキパキとお客さまの対応をすること、
全然出来てなかったと思います。
接客って奥が深すぎて、落ち込むことも多々ありました。
…でも、これだけははっきり言えます。

Rufugeのお店時間は楽しかった^^

今回お店を閉じることは、夫婦で決断した結果。
タロウ君の尊敬する「松岡信夫」先生のもとで勉強する為です。
松岡先生へのご縁の糸は、しまなみの仲間たちによるもの。
皆には感謝しきれないくらい。

そして、こんな私達に応援の声を掛けてくださった常連のお客様達。
お祝いの品を下さった方々に対しては、大変嬉しくもあり、
また、今以上に成長していく私達を目指さしていかなければなと身の引き締まる思いもありました。

どこへ行っても、私達らしく家族での生活を楽しみながら、
一歩でも二歩でも前に進んでいけたらなって思ってます。

時には大きな波が打ち寄せることもあるでしょう。
そんな時こそ、家族の力を最大限に発揮して乗り越えていきたいと思います。

ありがとうございました。
by caferufuge | 2010-08-02 00:35 | cafeのこと