sajin

夏たび③

旅の続き。

4日目。
直島最終日です♪

ベネッセハウスミュージアム
ここは全ての作品がどこかで見覚えのある有名作品ばかり。
そんな多様な作品の中で一際目立たず、しかし、存在感のあるアートがありました。
須田悦弘氏の『雑草』
木で造られた雑草。
普通に歩いていたらつい見落としがちな場所にあるその作品。
壁面の上のほう、ちょうど2階の廊下を歩いていたら見えるくらいでしょうか。
本物の雑草のように壁に生えてました*^^*

家プロジェクト
数ヶ所に散らばる古い家屋をアーティストが作品にしたもの。
それぞれ離れている場所にある為、散策しながらの鑑賞なので、
島で生活する人達の息づかいを感じることできます。
中でも印象的だったのは護王神社。
まず、石段を登っていくとことからスタートです^^
石段を登りきると目の前に小さな神社が目に入ってきました。
神社の前になにやら変わった階段があるなぁ?と不思議に思っていたら
その階段、地中まで続いていました。
また、海側に人一人が入れるくらいの縦長の長方形の穴があって、
その穴を突き進んでいくと一番奥には地中まで続くガラスの階段が下りてきているのでした。
入口に戻ろうと振り返ると、そこには自然の絵が広がっていました。
その日は曇り空でグレーの空とくすんだ青い海の色でしたが、
晴れた日なんかは真っ青な海色にとキレイな空に白い雲の模様が綺麗だろうな、など思ったり。
その日によって見える景色が違うんですね。
一期一会のココロでしょうか・・・

日本の家では色んな窓の形があって、そこから見る庭の景色を一つの絵と見たりしますよね。
その感覚に少し似てるのかな?
背筋がぴんと伸びるような、そんな感覚を覚えました。

アートの島、直島。
Mちゃんのお陰で隅々まで楽しく観ることができました^^
赤かぼちゃにも別れを告げ、岡山行きのフェリーに乗り込む私達。

See you 直島!!
[PR]
by caferufuge | 2008-09-18 20:55 | art